CHECK

初めての振袖でも安心!費用相場や選び方などの基礎知識を分かりやすく解説!

このサイトでは費用相場や選び方など、振袖の基礎知識を分かりやすく解説しています。
成人式や結婚式などのため、初めての選ぶ場合でもこれらの情報を知っておけば安心です。
着るために必要になる、着付け小物の種類も解説しています。
着物以外に何が必要になるのかを知っておくと役立つでしょう。
さらに購入とレンタル、それぞれのメリット・デメリットも説明してます。
購入すべきなのか、レンタルすべきなのか迷ったときに参考になるかもしれません。

初めての振袖でも安心!費用相場や選び方などの基礎知識を分かりやすく解説!

初めて振袖を着るので基礎知識から知っておきたい人もいるのではないでしょうか。
振袖の費用相場は購入の場合には10万円から80万円ほどで、レンタルの場合には5万円から30万円くらいといわれています。
振袖は似合う色や柄から、なりたいイメージに合わせて着たいものを選ぶのがおすすめです。
肌色によって引き立つ色が異なるほか身長や体形によっても似合うデザインは変わってくるので、肌や体形や身長を引き立ててくれるものを選ぶと良いでしょう。

そもそも振袖とは?一般的な着物と何が違う?

着物とは、和服の総称を指す言葉です。
対して振袖は、着物の一種を指します。
振袖と一般的な着物との大きな違いは、袖の長さです。
種類によって袖の長さは異なりますが、約114cmから約85cmほどになります。
長くなった理由は諸説ありますが、江戸時代に踊り子が踊る際に袖が長い方が美しく見えたことが一つの説です。
また、かつては女性が男性に愛情表現する時に、袖を振ることによって気持ちを伝えていました。
このことから振袖は未婚女性が着るものとなり、現代でも未婚女性の第一礼装とされています。
基本的に既婚女性は着用しないことも一般的な着物との違いです。
結婚すると異性に好意を示す必要がなくなるので、訪問着を着用します。
着用する場面としては特別な日、特におめでたい場で着ることが多いです。
中でも成人式で着ることが多く、厄払いの意味を込めると同時に、特別な衣装を着用して大人になったことを自覚するという意味もあります。
他にも、卒業式や結婚式の際に用いられることがあります。

振袖には袖の長さによって3種類に分けられる

一口に振袖と言っても、袖の長さによって大・中・小の3種類に分けられます。
袖の長さが最も長い114cm前後のものは大振袖と呼ばれており、着用した際にくるぶしくらいまで袖先がくるほど長いのが特徴です。
3種類の中で最も格式が高いとされており、主に結婚式で花嫁が着る婚礼衣装として使われていますが、近年は背が高い方が成人式などで着用するケースも増えています。
袖の長さが100cm前後のものは中振袖と言い、一般的な体型の方はふくらはぎくらいまできます。
成人式をはじめ結婚式に参列する際や結納の席、お見合い、パーティーなど様々なシーンで着用されているので、最も馴染みがあるタイプと言えるでしょう。
袖の長さが85cm前後のものは小振袖と呼ばれており、膝のあたりまでしかないので非常に動きやすいのが特徴です。
袴やブーツとの相性が良いのも特徴で卒業式の際に着用する方が多いものの、卒業式以外にもちょっとしたパーティなどにも手軽に着用できます。

振袖の主な着用シーンを知っておこう!

振袖は未婚女性の第一礼装です。
基本的にハレの日に着用されます。
主な着用シーンは成人式です。
大人になったことを示すおめでたい場なので、振袖を着用するにはピッタリのシーンだと言えるでしょう。
結婚式での着用も人気です。
花嫁の衣装に採用されることが多く、独身最後の記念として着用されます。
衣装代が比較的安く、動きやすいのも人気がある理由です。
ゲストとして呼ばれた場合でも、未婚女性であれば着ることもできます。
ただし、結婚式は新郎新婦が主役なので、花嫁が和装の場合は控えめな色や柄を選ぶことが重要です。
専門学校や大学の卒業式でも着られることがあります。
特に、卒業袴と組み合わせて着るケースが多いです。
一般的には袖が長い方が格式が高いとされていますが、卒業式では動きやすく袴に合う二尺袖の振袖が着られます。
他にも、振袖はフォーマルな場に招待された時に着用することが可能です。
初詣や格式高い場でのパーティ、親戚同士による新年の集まりなどで着る衣装に適しています。

何歳まで着られる?振袖着用の年齢制限について

振袖は未婚女性の第一礼装という定義はありますが、年齢制限があるわけではありません。
そのため、未婚であれば何歳でも着用できるのですが、一般的に振袖には若いというイメージが定着しているため一定の年齢を迎えたら着用を避けるのが無難です。
何歳までが若いと思うのかは人それぞれですが、振袖の着用に関しては20代後半から30代前半までとするのが一般的です。
晩婚化が進み、30代や40代でも結婚していない方は珍しくなくなっていますが、現在でも30代で結婚していないことをネガティブに捉える方は少なくありません。
年齢を重ねた方が振袖を着用すると周囲の方に変な気を遣わせてしまう可能性があるので、30歳前後になったら訪問着を選択すると良いでしょう。
また、20代後半から30代前半で着用する際は、落ち着いた色合いのものを選択するのがおすすめです。
例えば、深緑や薄い青色をベースにコーディネートすると、10代や20代前半とは違った大人の女性を印象づけることができるでしょう。

振袖に関する情報サイト
振袖のサイトへGO

このサイトでは費用相場や選び方など、振袖の基礎知識を分かりやすく解説しています。成人式や結婚式などのため、初めての選ぶ場合でもこれらの情報を知っておけば安心です。着るために必要になる、着付け小物の種類も解説しています。着物以外に何が必要になるのかを知っておくと役立つでしょう。さらに購入とレンタル、それぞれのメリット・デメリットも説明してます。購入すべきなのか、レンタルすべきなのか迷ったときに参考になるかもしれません。

Search